腸内細菌

腸内細菌とは、人の腸内に住み、腸内で活動している最近のことを指します。
腸内細菌は、大きく分けて善玉菌と悪玉菌の2つに分けられます。
この善玉菌と悪玉菌というのは人間の体にとって良い働きをするかどうかによって
付けられた名称で、体に良いのが善玉菌、悪い働きをするのが悪玉菌ということになります。

善玉菌はヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などに代表される細菌で、
腸内に運ばれてくる食べ物を消化分解する際に乳酸や酪酸などの有機酸を
善玉菌が栄養を摂取し分解する過程で作りだします。

一方、悪玉菌は食中毒などで夏場に名前を聞くことの多い大腸菌や
おならの悪臭の原因となるガスを作成するウェルシュ菌などの代表される細菌で、
人にとって悪臭となるおならや下痢の原因となる食べ物の腐敗をすすめ発がん性物質を発生させるなど
人にとってはあまり良い働きをする菌ではありません。

これらの善玉菌と悪玉菌が腸内では共生して暮らしており、
善玉菌と悪玉菌のバランスによって腸内環境の良し悪しが決まります。。
人としては身体に悪い影響を与える悪玉菌を減らすような腸内環境を
整えることで体に悪い物質が発生するのを防ぎ、下痢や食中毒などを防ぐことが重要です。