腸内細菌を増やすには

腸内細菌の中でも、善玉菌を増やす方法としては、新陳代謝を活発にする方法があります。

軽い運動などを毎日行うことで新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になった影響は腸内環境にも影響を与えます。
腸壁の細胞の入れ替わりが激しくなるため、それに合わせて腸内細菌も
入れ替わりを激しくする必要に迫られるため、結果として
腸内細菌の活動も活発になり、善玉菌も増殖しやすくなります。

また、腸内細菌は腸内に運ばれてくる消化途中の食べ物の栄養を元にして活動しているため、
新陳代謝が活発になった状態できっちりと食事を摂取するようにすると、
腸内細菌の活動がさらに活発化することになります。

また、十分な睡眠を取ると体全体の働きが良くなるため、腸内の活動も活発になります。
このように、十分な睡眠とバランスの良い食事を摂取し、適度な運動を心がけることで
体内の新陳代謝などの活動が活発になり、腸内細菌が増殖するのを助けることができるのです。
これらの要素が欠けて、短い睡眠時間やバランスの悪い食事、全く運動をしないなどの
不健康な生活を続けると腸内の活動が減り、善玉菌が減り、結果として悪玉菌の割合が増えて
体に悪い影響を与えることになります。健康的な生活をおくることで腸内細菌の数を増やすようにしましょう。