腸内環境改善にはヨーグルト

腸内環境を改善する方法の一つとして、ヨーグルトを摂取する方法があります。
ヨーグルトは牛や羊、山羊などの乳が発酵してできたもので、
元々の乳に含まれているカルシウムやタンパク質、ビタミンなどの成分の他に
乳酸発酵を起こす乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は腸内に存在する悪玉菌の発生を抑制し、善玉菌を増殖させる整腸作用を持っています。
従って、体調が悪い人にもカルシウムやタンパク質などが含まれているため
栄養価の面でも安心出来る食品です。

また、牛乳と異なり、乳酸菌によって牛乳に含まれているラクトースが
グルコースとガラクトースに分解されているため、ラクトースが十分に消化できないことによって、
牛乳を飲むと下痢の症状を起こしてしまう人でも下痢などの心配をすることなく安心して摂取することができます。

特に下痢の症状が引き起こされる原因としては、腸内環境において悪玉菌が増殖して起きる場合がほとんどです。
仕事などの体外からのストレスや体調が悪くなることでかかる体内のストレスなどのストレスがかかって
善玉菌の増殖が抑制された場合でも、ヨーグルトを摂取して
悪玉菌の増殖を抑えることで、下痢が起きるのを未然に防ぐことができるのです。