腸内環境を改善するための食事

腸内環境を改善するための食事としては、まず決まった時間帯に、
栄養バランスのとれた食事を三食きっちりと摂取することが挙げられます。

いくら腸内環境の改善に良い食事を摂るといっても、そればかり摂取していたのでは
健康を損なってしまいます。栄養バランスのとれた食事をとった上で、
腸内環境を改善する上で有効とされる食事を摂ることが大事なのです。

バランスのとれた食事を摂取した上で、腸内環境を改善するための食事としては
食物繊維があります。野菜や果物に多く含まれる食物繊維は
体内で栄養価として吸収されないため、便のかさを増やし、腸内の蠕動運動を促します。
便秘などで食べ物の残りカスが腸内に長期間滞留することで、悪玉菌の活動が活発になり、
下痢などを引き起こしやすくなります。食物繊維の摂取はこの症状を未然に防ぐことができるため、
積極的に摂取するようにしましょう。
また、納豆に含まれる納豆菌や、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は
腸内の善玉菌を増殖させ、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあるため、
先ほど挙げた下痢の原因も未然に防いでくれます。
ヨーグルトや納豆は腸内環境を整える作用を含むだけでなく、
単体でも栄養価が高いため積極的に摂取するようにするとよいでしょう。