腸内環境とアレルギー

腸内環境が悪くなるとアレルギーが引き起こされる場合があります。

これは、人の体にとって有害な発がん性物質などの物質を合成する悪玉菌が
腸内で多く繁殖することで起きます。
通常、これらの人体にとって有害な発がん性物質が体内で発生した場合、
腸内の免疫系が活動を開始します。
腸内の免疫系は発がん性物質などの有害な物質を見つけると
人体にとって有害だと判断し、キラーT細胞という細胞を使用して攻撃し破壊します。
しかし、悪玉菌が増殖し有害な物質が頻繁に合成されるようになると、
免疫反応が頻繁に起こるようになります。
この過程で免疫反応が過敏になり、さらに体調が悪かったり
不健康な生活を送っていることで免疫反応機構が十分に働かなくなり、
本来ならば安全である食品に関しても
反応を起こしてしまう状態になったものがアレルギーとされています。

食品アレルギーは遺伝性の疾患でもあり、
親が外部からのストレスや不健康な生活などによっていったん
特定の食品に関してアレルギーを起こすようになってしまうと、
子供も同様の食品に関してアレルギーを起こすようになります。
子供の将来のためにも、健康的な生活をおくることで腸内環境を整え
アレルギーが起きないようにすることは大事なのです。