宿便とは

宿便とは、一般的には便秘の症状が起こることで、
通常よりも長期間腸の中に溜まっていた大便のことを指します。

ただ、よほど深刻な便秘の症状にならない限り宿便の症状は起きないとされています。
通常、腸は蠕動運動と呼ばれるように絶え間なく収縮と拡張を繰り返す運動を常に
行なっており、なるべく腸内にたまった腸内細菌の死骸や摂取した食べ物から栄養価を吸収したあとの残りカスは
腸内に滞留することによって腐敗菌などによって下痢の原因になることを防ぐために体外に排出しようとします。
従って、腸の中に数週間以上もの間便が腸内に残ってしまうなどということはありえないのです。

また、人間の体は新陳代謝を行なっているため、腸壁は内部に腸内細菌が存在していることと、
栄養を吸収する観点から細胞の入れ替わりが激しく、数日もすればすべての腸壁の細胞は入れ替わります。
従って、ずっと同じ場所に便が溜まり続けることは不可能なのです。

最近では、宿便が溜まっているということにしてそれらの便を取るためとして
変わった療法やグッズを販売する業者などもありますが、宿便は通常の生活を送っていればたまり得ないものであるため、
しっかりと内容を吟味して騙されないようにしましょう。