下痢の原因

下痢の原因としては、もちろん食べ過ぎなどの摂取食料過多や、
消費期限を過ぎた食品を食べてお腹を壊すなどの単純な原因も含まれますが、
必ずしもそれらだけが原因となるのではありません。

例えば、仕事や学業など、普段の生活において極度のストレスがかかったり、
精神的な不安が長期間続く、睡眠時間が極度に短くなるなど、外部から大きなストレスがかかった場合、
体内の消化器官の働きが悪くなり、腸内細菌などの活動も鈍くなることが知られています。
これは過敏性腸症候群と呼ばれ、現代の私たちに特有の病気とされています。

また、現代では食糧事情が良くなったことにより、選り好みをして食事をすることで
摂取されるべき栄養価が摂取されず、結果として下痢が発生しやすくなるといったことも起きています。

現代は、第二次世界大戦前などの50年前の状況と比較しても生活様式などで
大きな変化を遂げており、いくら人間の身体が対応力があると言えども、
なかなか対応できないような状況が生まれています。

パソコンに囲まれた環境など新しい環境で生まれるストレスなども、
現代に特有のストレス環境であると言えます。現代に暮らす私達にとって、
食事だけでなく、ストレスを下痢の原因として強く意識する必要があるといえるでしょう。