アトピーの原因は腸内環境?

皮膚病の一つにアトピー性皮膚炎(アトピー)があります。
アトピーとは、遺伝的要因などの理由によって免疫機構が
通常なら人体にとって有益であると判断して反応を起こさない物質に関しても
免疫反応を起こしてしまう病気のことです。

アトピーには遺伝的要因も関係しますが、その多くが生活要因で占められています。
特に不衛生、不健康な生活を長期間続けることによって免疫機構の活動が
正常に行われなくなり、結果としてアトピーなどの症状を招くことが多いのです。
子供が症状を起こす場合は、親の免疫機構の活動が正常に行われておらず、
その影響を遺伝子によって引き継いでいる場合が多く、
自分の不健康という問題だけでなく、子供の身体にも
アトピーと言う形で影響をおよぼすのです。

アトピーは体内に存在する細菌たちのバランスが崩れることにより、免疫機構が
正常な反応を起こさなくなることで起きます。よって、特に人の体の中でも
細菌が棲んでいる割合の高い腸内を正常な状態に保っておくことは
アトピーにならないようにするために非常に重要です。
腸内環境を整えることで、悪玉菌など人体にとって有害な物質の生成を抑制し、
免疫機構の過剰反応を起きにくくするのです。
細菌が多く活動している腸内を正常に保つことは免疫系の病気を起こさない上でも
非常に重要であるといえるでしょう。