お肌のトラブルと腸内環境の関係

腸内環境が悪玉菌の増殖などによって良い状態に保たれなくなると、
免疫機構の活動が過敏になり、結果として腸内だけでなく
全身の免疫機構の活動にも影響を及ぼします。
これらが長期間続くことによってアトピー性皮膚炎などのお肌のトラブルにつながるのです。

そもそも、腸内環境が整っていないと悪玉菌が増殖し、発がん性物質などの人体にとって有害な
物質を生成するため人体の一部であるお肌にとっても悪い影響をおよぼすのですが、
普段は人体にとって有害な物質が体内で生成された場合でも免疫機構が
キラーT細胞を使用して攻撃し、有害な物質が増殖しないようにしています。
ただ、悪玉菌が増殖することで有害な物質が大量に生産されるようになると、
免疫機構による反応が非常に大規模なものとなり、身体の他の部位でも
体内を攻撃されていると過敏な反応を示すようになり、
本来ならば人体にとって有益な物質も攻撃するようになりアトピーを起こすようになるのです。

この症状は身体を清潔に保ってバランスの良い食事を取り、
適度な運動と十分な睡眠を心がけることで改善することが知られています。
これらの健康的な生活をおくることはアトピーなどのアレルギー症状だけでなく
お肌の美容を保つ上でも非常に効果的です。
健康的な生活によって腸内環境を整えることは、お肌の美容を保つ上でも重要なのです。